最新試合情報

5月20日(日)14:00 @大分銀行ドーム

2018明治安田生命J2リーグ第15節 大分トリニータ vs レノファ山口FC

【HOME】 大分トリニータ

2 1 前半 0 2
1 後半 2

試合終了

【AWAY】 レノファ山口FC

スターティングメンバー
GK31高木 駿
DF8黄 誠秀
DF5鈴木 義宜
DF6福森 直也
MF7松本 怜
MF33丸谷 拓也
MF35宮阪 政樹
MF19星 雄次
FW9後藤 優介
FW38馬場 賢治
FW11林 容平
サブメンバー
GK22ムン キョンゴン
DF14岸田 翔平
DF4竹内 彬
MF15清本 拓己
MF48川西 翔太
FW18伊佐 耕平
FW27三平 和司

11分 馬場 賢治

53分 馬場 賢治

得点

47分 オナイウ 阿道

75分 高木 大輔

10

シュート

14
21

FK

11
5

CK

3
0

PK

0

  72分 清本 拓己

  73分 伊佐 耕平

警告
退場

  

選手交代

54分 林 容平  伊佐 耕平

54分 馬場 賢治  清本 拓己

81分 後藤 優介  川西 翔太

65分 大﨑 淳矢  髙橋 壱晟

65分 鳥養 祐矢  岸田 和人

87分 髙橋 壱晟  山下 敬大

試合環境
入場者数 11,862人 天気
気温 19.6℃ 湿度 46%
主審 高山 啓義 副審 亀川 哲弘、櫻井 大輔
スターティングメンバー
GK44藤嶋 栄介
DF6前 貴之
DF2坪井 慶介
DF3渡辺 広大
DF11鳥養 祐矢
MF8小野瀬 康介
MF15池上 丈二
MF29三幸 秀稔
MF7大﨑 淳矢
FW18高木 大輔
FW19オナイウ 阿道
サブメンバー
GK1村上 昌謙
DF16瀬川 和樹
DF22ジェルソン ビエイラ
MF14髙柳 一誠
MF24山下 敬大
MF28髙橋 壱晟
FW9岸田 和人

J'sゴールテキストLive

関連記事

試合コメント

ハーフタイムコメント

片野坂知宏監督

後半の入り方、集中すること
守備はコンパクトに、セカンドボールを大事に
0-0のつもりでもう一度

試合後コメント

片野坂知宏監督

ホームで1万2000人近い方々に、山口さんの方からも首位攻防戦ということでたくさんお越しいただき、非常に良い雰囲気を作っていただいた。この雰囲気を楽しんで自分たちのサッカーにチャレンジしようと選手に伝えて試合に入った。
 
非常にタフな、インテンシティーの高い、予想どおり大変なゲームだった。ただ、山口さんを相手に先制点を取れ、追いつかれたとしても追加点を取れた。そこは評価したいところではあるが、やはり山口さんの最後まで戦う姿勢、迫力、一人一人の能力の高さには圧力を受けた感じだった。こぼれ球でミドルシュートを入れられて同点となったあとも、山口さんがああやって攻撃的に来ることは想定していたのだが、やはり怖さ、厳しさをすごく感じた。
 
2-2の同点で勝ち点1に終わったが、自分たちにとっては勝ち点1を拾ったこと、なんとか負けなかったことが、次につながってくれればいいなと思う。
 
今後もシーズン3分の2が残る中で、今日のようなタフなゲームはまたあると思うし、山口さんのような迫力ある攻撃に対応しつつ、われわれももう少しつなぎの部分とか、プレスを回避できるようなボールの動かし方を、もっと積み上げていかなくては、J2のリーグ戦を戦っていく上で厳しくなるだろうと感じた。まだまだ積み上げなくてはならないし勉強していかなくてはならない。こういう試合を踏まえた中で、次にトライしていかなくてはならないと感じたゲームだった。

選手コメント

FW 38 馬場賢治

勝ち点3を取りたかったが、相手は勢いもあるし良い選手もいたのですごく難しい試合だった。
 
——1点目はセットプレーからだった。
 
チームでセットプレーの練習を重ねてきた中で、ああいう準備もしていた。今日のためというわけではなく、これまでの積み重ねの中でニアでさわる練習をしていたのだが、いままでやってきたことがやっと得点に結びついた。いいキッカーがいるので、中に入っていく迫力が少し足りないかなと選手間で話していて、大きな選手がヘディングでバーンと決めるようなシーンがあればいいのだが、そういう話をしている中でセットプレーから得点できたのは良かったと思う。
 
——2点目については。
 
松本選手がいいボールを上げ、後藤選手がスルーしてくれたので、あとは気持ちで決めたという感じだった。

GK 31 高木駿

今日は1万人を超えるお客さんが入ってくれていたので、良い内容のゲームで勝ちたい試合だった。
 
——相手のプレッシャーを受けながらボールを動かす部分について。
 
今日はあまり良くなかった。僕のところにボールが入っても相手の守備にハメられて蹴るばかりになっていて、リズム良く回せなかった。ちょっとずつ試合の中で修正していこうとハーフタイムに話をした。プレスに来られてもそれをかわせればテンポ良く前に運べるので、もっと精度を上げなくてはならないし、全員がもっとボールを受ける意識を高めることが必要。今日はミスも多く、それが山口のプレスにハマる原因にもなっていた。
 
——失点が続いているが。
 
失点しないに越したことはないが、勝つ試合をしたいと思っていて、今日もあと1点入っていれば勝てた試合だった。もちろん守備に反省点はあるので修正したい。今日は失点の時間帯や形も悪かった。GKとして引き締めたい。