最新試合情報

10月14日(日)15:00 @町田市立陸上競技場

2018明治安田生命J2リーグ第37節 FC町田ゼルビア vs 大分トリニータ

【HOME】 FC町田ゼルビア

3 2 前半 2 2
1 後半 0

試合終了

【AWAY】 大分トリニータ

スターティングメンバー
GK1福井 光輝
DF25小島 雅也
DF5深津 康太
DF23酒井 隆介
DF10土岐田 洸平
MF8平戸 太貴
MF24ロメロ フランク
MF19土居 柊太
MF11中村 祐也
FW9鈴木 孝司
FW30中島 裕希
サブメンバー
GK21髙原 寿康
DF3藤井 航大
MF14吉濱 遼平
MF18山内 寛史
MF6李 漢宰
MF7杉森 考起
FW20ドリアン バブンスキー

16分 ロメロ フランク

43分 中島 裕希

63分 ロメロ フランク

得点

26分 小手川 宏基

32分 馬場 賢治

10

シュート

7
14

FK

9
5

CK

7
0

PK

0

  

警告
退場

  

選手交代

85分 ロメロ フランク  李 漢宰

90+1分 中村 祐也  藤井 航大

90+5分 鈴木 孝司  山内 寛史

69分 伊佐 耕平  藤本 憲明

83分 星 雄次  清本 拓己

試合環境
入場者数 5,161人 天気
気温 20.4℃ 湿度 59%
主審 岡部 拓人 副審 五十嵐 泰之、田尻 智計
スターティングメンバー
GK31高木 駿
DF5鈴木 義宜
DF6福森 直也
DF29岩田 智輝
MF7松本 怜
MF19星 雄次
MF32前田 凌佑
MF33丸谷 拓也
FW18伊佐 耕平
FW20小手川 宏基
FW38馬場 賢治
サブメンバー
GK22ムン キョンゴン
DF16岡野 洵
DF3那須川 将大
MF15清本 拓己
MF35宮阪 政樹
FW10藤本 憲明
FW27三平 和司

J'sゴールテキストLive

関連記事

試合コメント

ハーフタイムコメント

片野坂知宏監督

・後半の入りが大事
・セカンドボールの扱いをはっきりすること
・サイドを有効に使うこと

試合後コメント

片野坂知宏監督

アウェイ町田までファン、サポーターの方が本当にたくさんお越しくださって、最後までわれわれと一緒に戦ってくださった。まずは感謝したい。ただ、そういった方々に勝点3をプレゼントできず残念で申し訳ない。僕の責任でもある。
 
上位争いということで見ごたえのあるゲームではあったかもしれないが、町田さんの最後まで粘り強い戦いに対して、われわれはまだ甘さや隙がある。そこを町田さんはしっかりと仕留め、われわれはチャンスをものにできなかった。その差がこの結果につながったと感じている。
 
決めるべきところを決めないとこういうことになるし、守るべきところで体を張らないと失点する。町田さんはそういうところをしっかりと決め、しっかりと守ってこういう順位にいる。われわれはその力が不足していると思う。
 
ただ、こういうゲームをものにできないことはこれまでもあったし、今後も上位対決はどちらに転ぶかわからない拮抗した展開になると思うので、敗戦は非常に悔しいが、同じようにタフな厳しい試合となるであろう残りの5試合に向けて、しっかりと戦い勝点を取れるように、全員で準備していきたい。

選手コメント

DF 5 鈴木義宜

前半は狙いどおりに運ぶことができたのだが、一試合を通してそのサッカーができていない。そこが課題だと思う。対人の部分でも一人一人が上回ることができていなかった。
 
やはりセットプレーで失点するとああいう感じになってしまうのでキツい。でも前半はあれだけチャンスを作れていたので、それをどれだけ後半もできるかというところ。今日は前半できたことが後半はできていなかった。後半の入りで相手にのまれて押し込まれ、視野が狭くなっていた。前半のようにプレーできるメンタルも大事だと思う。残り5試合で取り返していきたい。

MF 38 馬場賢治

前半終了間際に追いつかれた時間帯は、時間の使い方がはっきりできていなかった。このチームはそういう部分でもしっかり戦える、隙や緩みのないチームだと思っているが、見えない部分で結果として表れているので、そこは受け止めなくてはならない。
 
後半になって自分たちらしくない攻撃を繰り返したのも、相手にやらされた部分もあるし、自分たちが相手に対処できなかった部分もある。まだ取り返せるので、しっかり見つめ直したい。
 
これからも特別なことをやるわけではなく、自分たちでいままで積み重ねてきたことの中から、やるべきこととやれることをしっかりやることが大事。残り5試合で昇格を懸けてまた難しい試合がある中で、あたりまえにやるべきことをやれるかやれないかというのはすごく難しい。プレッシャーがかかる中でいままでやれたことをやるのは大変。でも、そういう部分をしっかりやれるかどうかが、ここからはすごく大事。