最新試合情報

【HOME】 大分トリニータ

0 0 前半 1 2
0 後半 1

試合終了

【AWAY】 セレッソ大阪

スターティングメンバー
GK1高木 駿
DF3三竿 雄斗
DF5鈴木 義宜
DF29岩田 智輝
MF6小林 裕紀
MF7松本 怜
MF40長谷川 雄志
MF50田中 達也
FW14小塚 和季
FW27三平 和司
FW45オナイウ 阿道
サブメンバー
GK22ムン キョンゴン
DF49羽田 健人
MF4島川 俊郎
MF8丸谷 拓也
MF37嶋田 慎太郎
MF44ティティパン
FW9後藤 優介

得点

29分 ソウザ

54分 奥埜 博亮

4

シュート

10
10

FK

16
6

CK

3

PK

警告
退場

  83分 松田 陸

選手交代

46* 小林 裕紀  ティティパン

66 三平 和司  後藤 優介

83 小塚 和季  嶋田 慎太郎

78 清武 弘嗣  田中 亜土夢

90 ソウザ  鈴木 孝司

90+2 柿谷 曜一朗  片山 瑛一

試合環境
入場者数 17,233人 天気
気温 11.6℃ 湿度 50%
主審 池内 明彦 副審 相樂 亨、岡野 宇広
スターティングメンバー
GK21キム ジンヒョン
DF2松田 陸
DF14丸橋 祐介
DF15瀬古 歩夢
DF22マテイ ヨニッチ
MF5藤田 直之
MF11ソウザ
MF25奥埜 博亮
FW7水沼 宏太
FW8柿谷 曜一朗
FW10清武 弘嗣
サブメンバー
GK1圍 謙太朗
DF3木本 恭生
DF16片山 瑛一
DF29舩木 翔
MF32田中 亜土夢
FW18鈴木 孝司
FW19澤上 竜二

関連記事

試合コメント

ハーフタイムコメント

片野坂知宏監督

・残り45分出しきること
・攻撃はやりきること
・守備はリスク管理とバランスを

試合後コメント

片野坂知宏監督

ホーム最終戦、今季集大成のゲームで、たくさんの方が寒い中で応援に来てくださった中で、本当に勝ちたかったし、勝利をプレゼントして一緒に喜び合いたかった。出来れば引退する丸谷をピッチに送り出して、いい形で選手生活を終わらせられるようなゲームになればという思いがあった。
 
しかし残念ながら0−2という完敗だった。このゲームは、われわれが負けた中でも非常に得たものが大きかったと思う。C大阪さんは本当に素晴らしいチーム。個の能力、チームの規律、戦術。やはりJ1トップレベル。そのチームに対し0ー2という敗戦。これがわれわれのいまの現実、そして実力。このゲームを来季、こういう中でも勝点1、勝点3につながるゲームにしていかなくては、おそらく来季J1も厳しいシーズンになると、今日、ゲームを終えて感じた。
 
われわれが目指すべきチーム、目指すべきスタイル、目指すべき強度。今季最後のゲームで学ばせていただいた。これを経験値にしていかなくてはならないと感じた。

選手コメント

DF 29 岩田智輝

——1年戦ってきての最終節で完敗だった。相手との力の差を感じたか。
 
ものすごく感じた。個の技術や、仕掛ける力や、ボールを奪い切る力といったものがすごく大事だと痛感させられた。やはりJ1は気持ちや運動量だけでは簡単に勝たせてはもらえない。そういう力をつけていかなくてはならない。
 
——成長するために何をしたいか。
 
ゴールに直結するようなクロスや、守備での1対1で簡単にやられないような体の強さを身につけなくてはならないと思う。

FW 27 三平和司

——試合を振り返って。
 
難しい試合だった。前節と同じで、自分たちが決定機に決めきれておけば、まだ勝機はあったかと思う。
 
——立ち上がりからものすごい運動量だった。
 
体の調子がよかったし、今季最後だったし、勝ちたい気持ちがあった。なるべく僕がいるサイドから攻めさせないようにしたかったので、こちら側はキツくプレスに行こうと考えていた。その結果、結構ボールは取れたりしていたので、それはよかったと思う。
 
——あのインターセプトからあと一つ。どういうところが必要か。
 
自分がもう少しいいところに持っていって、いいパスが出せればもっとチャンスになると思う。ドリブルでの打開も難しかった。もっと練習しなくてはならない。

  • ホームゲーム
  • トリニータサッカースクール
  • 満空システム
  • VICS
  • 試合日程・結果
  • U-15セレクション
  • U-15宇佐セレクション
  • 選手SNSバナー
  • 1・2ニータン
  • アカデミーブログ
  • スクールブログ
  • ニッポンレンタカー
  • OCカード
  • サッポロビール1円1缶キャンペーン