MATCH
INFORMATION
試合情報

NEXT MATCH

HOME

2022明治安田生命J2リーグ 第18節

ブラウブリッツ秋田

05.25 Wed/ 19:00

vs ブラウブリッツ秋田

昭和電工ドーム大分

PAST MATCH試合情報

 vs 

01.01 Thu   0:00

HOME
0
AWAY
0

STARTING MEMBER

SUBSTITUTE

スタッツ

得点
0 シュート 0
0 FK 0
0 CK 0
0 PK 0
警告
退場

試合環境

入場者数 -
天気 -
気温 -
湿度 -
主審
副審

選手交代

Half time comment

ハーフタイム監督コメント

■大分トリニータ  片野坂知宏監督

・後半も自分たちのやることをしっかりやろう
・守備はコンパクトに
・攻撃はやりきること

Head coach comment

片野坂知宏監督

今季のホーム最終戦で、しっかりと勝点3をファン、サポーターへ届けることが出来て、ほっとしている。今季はみなさんご承知のとおり、非常に残念で悔しいJ2降格ということになった。それが前節で決まった中、残りのホーム最終戦とリーグ最終節は、これまで積み上げてきたトリニータらしいサッカーをして、しっかりとJ1のリーグで意義を示そうということで、切り替えさせて選手とともに準備し、しっかりとこういう結果を、選手が出してくれた。そこはすごく大事なところだったので、自分としても絶対に勝ちたい思いが強く、選手も勝ちたい意欲を出してくれて、結果につながってよかった。
 
横浜FCさんも同時に降格が決まり、今日のゲームにむけて、次への準備、前に進むためにというところで挑まれてきたと思うが、われわれのほうが、今日のゲームに関してはいいプレーをしていたところがあったと思う。ただ、ラッキーな面もあったし、われわれもまだまだ課題が残るところもあった。残る最終戦はアウェイの柏戦。今季アウェイでは最初の横浜FC戦以来、勝点3を取っていないので、なんとか最後はいい形で締めくくれるように、またしっかり準備して、選手とともに最後まで全力でトリニータのために戦っていきたい。

Player’s comment

MF 8 町田也真人

——ここ最近、ミラーゲームで苦戦が続いていた。今節は前半は上回る場面も多かったが。
 
ビルドアップの部分で両CBが持ちだせるようなシーンが、相手を分析した上で多かったので、そこをチームとして意識していた。ただ、最近はミラーゲームで苦戦していたので、どうやったら崩せるかと、ちょっと大幅に動いたり、少しポジションを変えてみたりを意識していた。
 
——降格が決まり、このチームでのホームゲームはラストだった。
 
本当に、降格が決まってしまったのも早かったし、降格したくなかったという思いの中で、今日を迎えた。今季はクラウドファンディングなどでサポーターの方々にご支援をいただいたりもしたので、感謝の気持ちを込めたのと、絶対に勝つんだという強い気持ちと、トリニータのためにという思いでプレーした。

MF 28 野嶽惇也

——ここ2試合続けて先発したが、チームへのフィット具合は。
 
夏に加入したときから振り返ると、なかなか簡単ではなかった。思い切り自分を出すにはどうしようかと悩んだ時期も多く、その中で代表ウィークの中断期間の練習試合で左サイドに入り、そこでやっと自分らしさを出せて、前節の鹿島戦で先発できた。残留に貢献できなかったことは悔しいが、前節も今節も自分自身にとっては大きな意味を持つ試合だったと思う。
 
——今後の目標について。
 
夏に加入させてもらったが、J3から選手を獲得するのはクラブとしても大きな決断だったと思う。まずはクラブに感謝している。前節、鹿島と対戦できたことも本当に自分にとって大きく、また先発できたときに、「自分はここでやりたかったんだ」と思った。来季以降、その経験を生かして、もう一回この場所に戻ってくる力になれるようにやっていきたい。