闘う言葉

[闘う言葉] 2017/11/21

闘う言葉

 【2017最終戦セレモニー】DF 2 山口貴弘「胸を張って言える。トリニータに来て本当に良かった」

 

トリニータで3年間、プレーをさせていただきました。

先日、ある方に、こんなことを言われました。ぐっさんはトリニータに来て本当に良かったですかと。僕は、これを聞いたときに、正直、悔しかったです。僕が入った年にJ3に降格しました。試合に出れない日々が続きました。本当に悔しかったです。J1に上がるために大分に来ました。たくさん試合にも絡みたかったです。

ただ、気づいたことがあります。J1に上がることよりも、試合に出ることよりも、大事なことがあると気づきました。それは、どんなときもブレずにやり続けること、努力して成長し続けること、チームのために一所懸命やること、サッカーを心から楽しむこと、感謝の気持ちを忘れないこと、支え合い助け合いながら生きていくこと。本当に大事なことに気づきました。トリニータのおかげで気づくことが出来ました。

だから、胸を張って言えます。トリニータに来て本当に良かったです。本当にたくさんのあたたかい支えがあり、ここまで頑張ることが出来ました。

僕の思いは、信頼できる後輩たちに託します。3年前に一緒に入団したノリ(鈴木義宜)は、一人前のDFになりました。フク(福森直也)も、ものすごく成長してると思います。(佐藤)昂洋は、怪我が多いですが信頼できるDFです。

彼らに僕の思いを託して、僕は今日、引退します。

本当にみなさんのおかげで、ここまで出来ました。最高のサッカー人生でした。今まで本当にありがとうございました。