闘う言葉

[闘う言葉] 2017/11/20

闘う言葉

 MF 15 清本拓己「気持ち良いどころじゃないっしょ(笑)」

 

——復帰戦で、出場1分後のゴール。振り返って。

一個前で(川西)翔太くんと目が合って、アイコンタクトで「あ、来るな」と思ったら、本当にめちゃくちゃ良いボールが来た。そのときはボールしか見ていなかった。周りがあまり見えてなくて、とっさに右足が出てアウトサイドで蹴れた。左でも行けたし頭でも行けたのに、何故か(前十字靭帯断裂していた)右足が出たのは、なにかつながっているのかなと思う。

ゴールはあまり見えてなかったが、あの角度から入ればゴールが真正面に来るかなと思っていた。打った瞬間はボールは見えなかったが、着地してから見たら神コースに入っていて、なんだか良くわからなかった。

——川西選手と試合前に打ち合わせていたことなどは。

全くなかった。僕は出るとしたらシャドーだと思っていたのだが、今日は途中からフォーメーションが4-4-2に変わり、(松本)怜くんが一列下がると言われたので、あ、自分は右SHかー、と思って。昨季やったなーと思っていたくらいで。今季も怪我する前にWBとシャドーで出ていて、右SHで後ろもいない状況というのはなかったので。今日は4-4-2の、昨季ずっとやっていた右SHだったので慣れもあり、いきなりでもそれなりにプレーできたと思う。

——1万人超えの大銀ドームで復帰してゴールを決めるのは気持ち良さそう。

気持ち良いどころじゃないっしょ(笑)。何が何だかわからなかった。今日は言うことなしだった。

——今季最後に出場できると思っていたか。

正直、今季の最後に照準を合わせていて、ちょっと間に合わないかなという疑惑もありつつ、最後は監督の独断で決めてくれたので、僕はもう何も言えない。

——今日は相手が引いて固めている中で、出たらどういうプレーをしたいと考えていたか。

ウラが結構空いていたし、後半は中盤から縦ポンが多かったので、それを継続してやってくれるならチャンスはあるかなと思っていた。途中出場するならフレッシュな状態で入れるので、体力はあるしスピードもある程度戻ってきているので、何か起こせるかなと。そのおかげで本当に良い形でゴールが決まった。

——ピッチサイドに立ったとき、スタンドからのチャントは聞こえていたか。

聞こえていた。あの歌は結構耳に残るし。アップのときも最初の段階から歌ってくれていて、それも聞こえていたし、選手たちもそれに乗っかって歌ってイジってきた。うれしいですよね、ありがたい。良いチームだと思う。サポーターの方々のダンマクも、試合前に挨拶に行ったときから掲げてくれていて、本当にありがたかった。みんな良い人。

——メンバー入りにあたって監督からは。

「8ヶ月間リハビリしているところを見てきたし、選手たちもわかっていると思うので、俺の独断で入れる」と話があった。前日に、退団する選手のことを聞いていたので、とても複雑な気持ちだったが、監督から「万全ではないがベンチに入れる」と言われて、選ばれた以上はチームのためにやるしかないと思った。出たら何か起こさないとメンバーに入った意味がないと思っていたので、監督、スタッフ、選手みんなに感謝しかない。

——まだ万全ではなかったのか。

はい。練習試合も90分通してはまだ出ていないので。ひとつ前の練習試合は後半から45分出て、一応プレーは出来たが、やはり90分プレーしないと万全な状態とは言えない。それでも使ってくれた監督に感謝している。

——先々週あたりからオールアウトでも非常に激しく球際で当たっていた。怖さはなかったのか。

怖さはあったが、球際に行けなかったら選手として使い物にならないので。行くのは怖いが、行くしかないという感じだった。

——8ヶ月間、どういう気持ちで。

最初の診断でドクターに真正面から「全治8ヶ月」と言われたときは、やはりメンタルはイかれた。でも自分のタイプ的に、それはその日までで終わって、次の日からは切り替えた。他の選手の前では顔に出さないようにしていたが、周囲からは落ち込んでいるように見えていたと思う。ピッチの外から試合を見ていて良い刺激にもなったし、8ヶ月間は長かったが、あらためてサッカーが好きだと思った。

——全体練習に復帰してからの1ヶ月は。

一言で言うと、サッカーがめっちゃ楽しかった。リハビリは一人でやるメニューが多く、軽くボールを蹴るとしても、ただトレーナーとキックしあうだけ。それでも面白かったけど、そこまで出来るようになったら次の段階へと欲が出て、選手とやりたいという気持ちのほうが大きくなって。全体練習に最初から入れたときはうれしかった。

——しんどいシーズンを良い形で締めくくれたのでは。

今季初の逆転勝利。点を取られたからと言ってあきらめることもなかったし、最後にこういう試合が出来るというのは、本当に強いチームなのだと思う。

——個人的には。

とりあえず、もう怪我はこりごり(笑)。サッカーに怪我は付き物だが、それをどうなくしていくかというのは自分次第。来季は怪我なくコンスタントに試合に出て点を取りたい。やっぱりゴールは気持ち良い。とりあえず今季は終わりなので、また来季に向けてやっていきたい。

 


関連記事